最新ワードプレス ホームページ制作

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)から古いサイトマップを削除する方法

ホームページをリニューアルしてから数日後に、下記のようなメッセージがGoogle Search Console Team(グーグルサーチコンソールチーム)からメールで届くことがあります(メッセージはSearch Consoleからでも確認できます。その方法はこの記事の最後に記載します)。

サイトマップ内のページがインデックスに登録されない新しい要因

Search Console で、貴サイトのいくつかの ページ がインデックスに登録されていないことが検出されました。以下がその要因となっています。

ページにリダイレクトがあります

これが意図したものでない場合は、修正することをおすすめします。それにより、影響を受けていた ページ がインデックスに登録され、Google に表示されるようになる可能性があります。

このメッセージが送信されるのは、ホームページをリニューアルした際に、ページや階層(ディレクトリ)にリダイレクトの設定を施したにもかかわらず、Search Consoleに古いサイトマップが登録されたまま残っていることが原因である可能性が非常に高いです。

例:
(旧URL)https://●●●.com/about.html
(新URL)https://●●●.com/about/

旧URLから新URLにリダイレクトの設定をしたにもかかわらず、過去に登録したサイトマップの中に旧URLを残してしまっているということです。
ですから、古いサイトマップを削除する必要があります。

古いサイトマップを削除する方法

Search Consoleにログインして、メニューの「サイトマップ」をクリックし、表示される「送信されたサイトマップ」の一覧の中から、(送信した日付をしっかりと確認し)削除したいサイトマップをクリックする。

Google Search Consoleの送信されたサイトマップの一覧

選択したサイトマップが間違いないかをしっかりと確認し、ページ右上の「その他のオプション」クリックする。

Google Search Consoleから送信したサイトマップを削除する手順の説明

表示される「サイトマップの削除」をクリックする。

Google Search Console 送信したサイトマップの削除ボタン

表示される「削除」をクリックする。

サイトマップを削除しますか?

これで古いサイトマップが削除されました。

メッセージの確認方法

Search Consoleの画面右上に、ベルのアイコンがあります。
これが「メッセージ」です。

Google Search Console メッセージ確認ボタン

「メッセージ」をクリックすると、Google Search Console Teamから届いたメールと同じ内容のメッセージを確認することができます。

Google Search Console サイトマップ内のページがインデックスに登録されない新しい要因のメッセージ

追伸

もしこの記事が役に立ったときは、埼玉県越谷市に向かって「ナイスだぜ、大橋プランニング。ホームページを新規で制作するとき、リニューアルするときが来たら、お前のことを必ず思い出すぜ」と囁いていただけると幸いです。
ちなみに、今のイチオシは「ワードプレスのホームページ制作」です。
お値引きさせていただきます。

追伸2. 当社は大学生映像作家を応援しています

おすすめのクラウドファンディング

『祖母の生家である新潟の家で、人々の記憶に残るような学生映画を作りたい!』